お客さまのひとことで気づいた接客業の魅力

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

接客のお仕事を長くしてきたので、色々なエピソードがありますが、
今日はその中でも心から嬉しく思ったお客さまからの言葉を書きます。

 

しっくりこない。

 

お客さまから「しっくりこない。」と言われました。
ファストフードに勤めていたころ、いつも決まった曜日の決まった時間に
来店してくださる常連のお客さまがいました。

そのお客さまから言われました。

 

「先週も来たんだけど、大場さんがレジにいなかったから
 寄らずに帰ったんだよ~。毎週ここに来ないと、
 なんだかしっくりこないんだよね~!」

 

私の勤務先は、ショッピングセンターの中にある店舗でした。
お客さまは買い物帰りにいつも、ひょこり顔を出してから
「お、今日もいるね!」なんて言いながら、お店に入ってきました。
(いつも大量注文をありがとうござました!)

そして、ちょっとしたお喋りをして帰っていきます。

 

しっくりこないんだよね~!と言われ、
私とのお喋りが、お客さまの生活の一部になっていることを知ったとき
心から嬉しく思いました。
そして、接客業の魅力を感じました(^-^)

 

このお客さまのおかげで、他の常連のお客さまに対しても
『いつも来てくれてありがとう』
という気持ちが何倍にも大きくなりました。
そしてこの言葉を素直に伝えられるようになりました。

 

しっくりこない。
色々な意味で衝撃を受けた言葉です。
あの時のお客さま~、あのエピソードは忘れられないよ~!
ありがとう~!

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~

 

「こう言う」ではなく「こう言ってほしい」の発想

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。
「私が店員さんだったら、お客さまにどうやって声をかけるかな~?」
と考えることがあります。
よく考えるのは、スーパーやコンビニでレジの順番を待っているとき。
ちょっとした時間で脳トレ(笑)

 

店員さんの接客を見るのも、勉強になりますが、
自分の頭で考えるのも、脳みそフル回転で、
とても勉強になりますし、なにより面白いですよ!

 

例えば、コンビニでレジ待ちをしているとき。

 

コンビニに来るお客さまが毎回肉まんを頼む・・・としよう!
(というように、自由にシチュエーションを考えます♬)


私ならどう声かけする?
「いつもの肉まんですね?少々お待ちくださいませ。」
かなぁ?

 

え?常連のお客さまって分かってて、しかも毎回肉まんを頼むんだよね?
そこまで分かっているのに、少々お待ちくださいませ。って
なんだか堅苦しくないかな!?
(自分で自分にツッコミを入れてみたりします 笑)

 

じゃ、私だったら何て言われたら嬉しい???
よく行くコンビニで、
よく会う店員さんに、
何て言われたら嬉しい???

 

と考えてみることにしました。
「いつもの肉まんですね?すぐご用意しますね!」
って言われた方が嬉しいかもー!!!
だって、ありきたりな「少々お待ちくださいませ」より
「すぐにご用意しますね!」って言われた方が、
自分のためだけに特別に声をかけてくれた!
って感じがするよね!あ、この言い方いいじゃん!

 

・・・こんな感じで新たな発見ができます(^-^)
ぼーっと考えていて、レジで自分の番になったとき、
自分が店員さんなのか、お客さんなのか
一瞬分からなくなったことがありました(笑)

 

自分ならこう言う、ではなく
自分ならこう言ってくれたら嬉しいな!
という発想。
ありきたりな言葉ではなく、
あなたらしい言葉が出てくるかもしれませんよ♬

 

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~

 

お腹も心も満腹!さわやか

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 


我が家では毎年恒例の “春休みさわやか”
私の母と、祖母と、子供たち二人の5人で、
ここ数年、毎年春休みに炭焼きレストランさわやか
ランチをしています。
(別名・・・四世代女子会+男子1)

 

今日もいつものげんこつハンバーグをペロリと完食しました。
お会計のとき、レジを担当してくれた店長さんの応対が
とても優しく、そしてフレンドリーでした。
帰宅した今でも、印象に残っています。

 

店長さんはずっと笑顔。
「あ~!あと20円、細かいの足りないやぁ~」と祖母がつぶやくと
「あ、足りなかった~!?」と話しかけてくれました。

 

お会計をせかすことなく、会話でその場を和ませてくれました。
しばらく、店長さんと祖母はおしゃべりをしていて、
二人のやり取りを見ていて、自然とこちらも笑顔になりました・・・。
お腹も心も満腹になりました(^-^)
ごちそうさまでした、ありがとうござました!

 

マニュアル通りではなく、相手に合わせた話し方をすることによって、
お店側とお客さん側の心の距離が一気に近くなりますね!
そして、そばにいた家族まであたたかい気持ちに・・・。

 

今年で90歳の祖母も大好きなこのお店。
来年の春休みも “四世代女子会+男子1” が開催できますように♬

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~

 

ムスコ弁

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

鶏の唐揚げ弁当♬
(唐揚げ、卵焼き、ウインナー、茹でアスパラ、ブロッコリー、ミニトマト、きゅうりの浅漬け、オレンジ)

 

お客さまとの会話で困ったときにはコレ

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

私が今でもお客さまと会話をする際、意識しているのは
『たちつてと』です。
ちょっと間があるから、話しかけてみようかな?
と思ったときは、こんな会話からスタートします。
(飲食店バージョン)

 

た・・・食べ物、飲み物
    (新商品やご注文の商品に対して自分の感想)

ち・・・小さな知識
    (おすすめの食べ方)

つ・・・通勤、通学
    (電車、バス、自転車、学校行事、テスト期間)

て・・・天気
    (今日の天気、週末の天気、降水確率、気温)

と・・・時の話題
    (入学式、進級、新入社員、時事ニュース)

 

特に今の時期は、お天気のことが話しやすいですね(^-^)
「雨の中ご来店ありがとうございます」
「今日も寒いですね」
「週末、雨ばかりですね・・」
「桜はいつ咲くんですかね~♬」
などなど・・・。

 

常連のお客さまにも、新規のお客さまにも、
ぜひ親しみを込めて身近な話題から話しかけてみてくださいね。
簡単な会話でも、お客さまとの心の距離がぐっと近くなりますよ。

 

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~