新聞記事をブログにアップするときに気をつけること③

今日も 和み接客Ⓡ nagomi のブログにお越しくださりありがとうございます。

2018年6月14日静岡新聞朝刊で6次産業化支援の講演記事が紹介されました。(写真提供:静岡新聞社)
※静岡新聞社編集局調査部許諾済みです。
写真をクリックすると読みやすい記事(PDF)がどーんと出ます♬

 

「著作物利用許諾申請書」を提出する! → OKをもらったら使える!

 

私の場合、まず新聞社に電話をかけ、
記事を書いた記者さんに電話をつないでもらいました。
担当記者さんから言われたことは、

 

「新聞社のHPから“著作物利用許諾申請書”をダウンロードできるので
 それに記載して提出(FAX)してくださいね!」

 

ということ。
さっそくダウンロードして、必要事項を記入しました。
記載した内容は…

 

・申請者情報(私の名前、住所、連絡先等)※印鑑も必要
・利用したい記事、写真の掲載日(朝刊・夕刊)
・記事、写真の内容(見出し)
・利用目的(配布先等) 
・利用形態 
・特記

 

※特記には、記事に写っているかた全員の承諾を得たことを記入します!
 肖像権の関係で全員からOKをもらわないと申請できません。
 私の場合は、セミナー主催者に連絡をして確認済みです。
 (お手数をおかけしました。ありがとうございます!)

 

ここまでできたら、やっと新聞社に著作物利用許諾申請書を
提出(FAX)することができます。
その際、遵守事項がいくつかありました。
(新聞社によって多少違いはあるのかな?)

 

出所をきちんと明示すること、記事内容やレイアウトを変更しないこと、
著作権料を支払うこと(タダじゃないです!)、
掲載後に新聞社に連絡をすること、などなど…。

 

著作物利用許諾申請書の申請が通ったらメールで、
記事データをいただくことができます。
私の場合は、こんな流れで新聞社さんからOKをいただきました。
これから新聞や雑誌等を自分のHPやブログに載せたいな~と思うかたの
参考になれば嬉しいです。
申請して堂々と使えるようにして、ご自身のPRツールとして活用しましょう♬

 

私ひとりでは、何も分からなかった、解決しなかったことですが、
想いをカタチになるようアドバイス・サポートしてくださった
スタジオアオノさん、快く対応してくださったセミナー主催者のかた、
親切に教えてくださった新聞社のかた、記者のかたのおかげで、
スムーズに申請、OK、HP掲載することができました。
みなさま、ありがとうございます!

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
6次産業化支援、接客コンサルティング、専門学校でのビジネスマナー講義、
高校生向けビジネスマナー講演、などを行っております。