【就活】言い方かえると印象もかわるよ

今日も 和み接客Ⓡ nagomi のブログにお越しくださりありがとうございます。
専門学校の授業のあと、たまに面接の練習に付き合っています。
「面接の練習に付き合ってください」と声をかけられたら、
返事は「はい」か「イエス」です(笑)

 

就職担当ではないため、ガッツリ指導したり、
あーだこーだ言わないようにしています( ´艸`)
(担当の先生の指導方針もあると思うので…という忖度)

 

ただね…言葉遣い、立ち振る舞い、しぐさなんかは
あーだこーだ言っちゃいますよ。あと、視線の動かしかたとか。

 

先日、面接練習のときにした質問で、
「ほかに受けている会社はありますか?」とか
「今まで他を受けなかった(時間がかかった)理由はあるんですか?」とか
ちょぴり答えにくいであろう質問をした際、

 

「やりたいことが見つからなかったからです…」

 

とかえってきました。
その瞬間、練習をやめ言葉の意味について学生と話し合いました。
具体的には、言葉の持つチカラと意味、相手に与える印象について。

 

①「今までやりたいことが見つからなかったからです」
②「やりたいことが見つかるまで(少し)時間がかかってしまいました」

 

言っている内容は同じ、文にしてもほぼ同じですが、
言うときの心の部分が違うんです。
これ、ブログだと伝わりにくいですね…(;^_^A

 

実際に言葉にして言ってみても、
①は言い切ったあと口角が下がり、ネガティブに聞こえてしまいますが、
②は言い切ったあと①に比べてネガティブ感が少なく、
追加の質問、会話がしやすくなります。

 

といっても、「就活面接対策のプロ」ってわけではないのでね…(笑)
それでも面接官役をしていて、言葉にとっても違和感を感じたので、
一緒にじっくり考えました。
最後は「覚悟きめて、やるっきゃない!大丈夫だよ!がんばろ!」と
背中をポンとおしてあげました。
実際にはボフっと叩いてる感じ…!?笑( ´艸`)
って、私にできることは結局「ポン」これだけのような気がします。

 

実際にこの質問はなかったようですが、
おかげさまで無事に内定をいただきました。
授業+少しの模擬面接でしか関わっていませんが、
自分ごとのようにとーーーっても嬉しかったです。

 

頑張ったね~!おつかれさま!
残りの学生生活を楽しみながら、社会人に向けての準備もしていきましょう!

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
6次産業化支援、接客コンサルティング、専門学校でのビジネスマナー講義、
高校生向けビジネスマナー講演、などを行っております。