「どうしたらまた来てもらえるか」が大事

今日も 和み接客Ⓡ nagomi のブログにお越しくださりありがとうございます。

新型コロナウイルスの影響によって、
お客様が「会う・行く」といった行動をしなくなり1年が経ちます。
昨年はステイホームの年でしたもんね。

 

Withコロナ時代に突入した今、お客様から選ばれる企業、店舗になるためには、
既存のお客様にも目を向け、ファンづくりを強化する必要があると思います

 

「どうしたら来店してもらえるか」だけではなく、
「どうしたらまた来てもらえるか」を考えることが大事。
コストをかけなくても“声かけ”や“思いやりのある対応”など、
接客でできることってたくさんあります。

 

サービススタッフの皆さんは、コロナ対策の接客を1年やってみて、
成功したこと、大変だったこと、改善できること…
色々な気づきがあったのではないでしょうか。

 

Withコロナ時代2年目(こんな表現いいのかな笑?)にいかしていきましょう。コンサルタントとして多くの人のお役に立てるよう頑張ります。
静岡県下田市と伊東市でまじめなお話しもしつつ、
ちゃっかり観光もしてきました。(*´▽`*)

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
6次産業化支援、接客コンサルティング、専門学校でのビジネスマナー講義、
高校生向けビジネスマナー講演、などを行っております。