銀行窓口の残念な応対 ( ノД`)シクシク…

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

銀行の窓口のお姉さんの応対が、銀行によってずいぶん違うなと感じました。
先日、用事があって4つの違う銀行に行きそれぞれの窓口で
応対をしてもらったんですけど、すごく感じの悪い銀行があったんです…。

 

ネガティブな話題なので私も詳しく書きたくありませんが、
『○○をお願いします』と要件を伝えたら、
『じゃ、この用紙に記入してください』と真顔で言われ
ボールペンを渡されました。
渡されたというか…コイントレーにポンと投げられたような感覚です。

 

私がいつも行く銀行のお姉さんはいつもニコニコしていて笑顔で
応対してくれるので、ATMのような事務的な応対に驚きました。
驚くというか…少々ショックでした。
ギャップが大きすぎて…泣。

 

用事が済み、最後に『△△ってできますか?』と聞いたところ、
『すみません、それはできません』って、そこは笑顔だったんですよね(笑)

 

こんなことってある???
“いらっしゃいませ場面” と “お断り場面” 真顔と笑顔をつかう場面逆だよ…。
かなり残念な気持ちになりました。

 

本人もそうですが、それ以上に先輩や上司がこの状況分かっているのかが
心配になってしまいました。
銀行の窓口スタッフさんは、お客さまが一番初めに出会う人のため、
銀行の顔として第一印象良くお客さまを迎えてほしいな、と思います。
第一印象が悪いと、その人(企業)との関係はマイナスからのスタートに
なります。後からどれだけ頑張ってもプラスにもっていくって、
とても難しいことです。
マイナスからのスタートって、もったいないと思いませんか?

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~