「こう言う」ではなく「こう言ってほしい」の発想

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。
「私が店員さんだったら、お客さまにどうやって声をかけるかな~?」
と考えることがあります。
よく考えるのは、スーパーやコンビニでレジの順番を待っているとき。
ちょっとした時間で脳トレ(笑)

 

店員さんの接客を見るのも、勉強になりますが、
自分の頭で考えるのも、脳みそフル回転で、
とても勉強になりますし、なにより面白いですよ!

 

例えば、コンビニでレジ待ちをしているとき。

 

コンビニに来るお客さまが毎回肉まんを頼む・・・としよう!
(というように、自由にシチュエーションを考えます♬)

私ならどう声かけする?
「いつもの肉まんですね?少々お待ちくださいませ。」
かなぁ?

 

え?常連のお客さまって分かってて、しかも毎回肉まんを頼むんだよね?
そこまで分かっているのに、少々お待ちくださいませ。って
なんだか堅苦しくないかな!?
(自分で自分にツッコミを入れてみたりします 笑)

 

じゃ、私だったら何て言われたら嬉しい???
よく行くコンビニで、
よく会う店員さんに、
何て言われたら嬉しい???

 

と考えてみることにしました。
「いつもの肉まんですね?すぐご用意しますね!」
って言われた方が嬉しいかもー!!!
だって、ありきたりな「少々お待ちくださいませ」より
「すぐにご用意しますね!」って言われた方が、
自分のためだけに特別に声をかけてくれた!
って感じがするよね!あ、この言い方いいじゃん!

 

・・・こんな感じで新たな発見ができます(^-^)
ぼーっと考えていて、レジで自分の番になったとき、
自分が店員さんなのか、お客さんなのか
一瞬分からなくなったことがありました(笑)

 

自分ならこう言う、ではなく
自分ならこう言ってくれたら嬉しいな!
という発想。
ありきたりな言葉ではなく、
あなたらしい言葉が出てくるかもしれませんよ♬

 

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~