美容院の接客

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

美容院に行ってきたので、美容院の接客について思いを綴ろうと思います。

 

ここ数年はひとつの美容院しか行っていませんが、
それまでは、いろいろな美容院に行っていました。

 

友人に紹介されたお店、偶然通りかかって素敵なお店だなあと思ったお店、
フリーペーパーで探したお店…などなど。

 

そこで、必要以上に話しかけてくるスタッフさんに出逢うことがあります。
正直、疲れちゃいます…。
一生懸命話しかけてくれるので、私も返事をするのですが気疲れしちゃいます。

 

“こっちが話しかけたら答えてくれるくらいが丁度いいのになあ” 
(これは個人的な感想です…笑)
接客というと、どうしても “喋る” のが仕事という感じもしますが、
“喋らない” という接客のしかたもあります。
喋らないことが相手(お客さま)に快適な空間を提供する場合もあるからです。

 

ホント、接客って難しいですよね。正解がないから。
お客さまが会話を求めているのであれば会話をすればいいし、
そうでないならそっとしておくのがgoodです。

 

大切なのは、その見極めができるかどうか。

 

私は雑誌を読みたいとき、スマホをいじりたいとき、
本を持参して読書をしたいとき、美容師さんとお話しをしたいとき、
いろいろな “とき” があります。
とき=時間。
(お客さまの)この時間はこうやって過ごしたい、の見極め。

 

こうやって書くと、ワガママな客だなぁ、なんて思われそう笑。
ただ、お金をいただく以上は、
お客さまに気を遣わせることは避けたいですよね。

 

いつも担当してくれる美容師さん、今日は私が雑誌を読みたいというのを
察してくれたようで、会話もほどほどに、対応してくれました。
髪の毛のお手入れだけでなく、心地よい時間を過ごせるから『また来たい』と
思うんでしょうね。そう思って、かれこれ数年通っています…。

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~