“丁寧” だけじゃない挨拶。

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

中学校の参観会とお仕事の合間にコーヒーを飲みに行きました。
パソコンを持ってスーツを着ていたからか、会計後にスタッフさんから
「お仕事ですか?」と声をかけられました。
「はい、そうです」と返事をすると、
「お疲れさまです。ありがとうございます。」と挨拶をしてくれました。

 

お客さま、ひとりひとりに寄り添って、その人に合ったお声掛け。
しかも自然で優しい笑顔で…。

 

「ありがとうございます」など、マニュアル通りの挨拶は、
私だけでなく皆さんもそうだと思いますが、聞き慣れていますよね。
そのため、すーっと耳をすり抜けてしまうように感じます。

 

丁寧なだけじゃない、相手に合わせた挨拶(声掛け)って、
ちょっぴり特別な感じがするよね、ちょっぴり嬉しいよね、
思わずスタッフさんの顔を見ちゃうよね…。

 

コーヒーの美味しさ以上に、想いのこもったその言葉で、
パワーをもらって「午後も頑張ろう」って思うんだよね。

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~