2020年にむけて “客力” の向上を…。

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

お互いが気持ちよく対応している場面に遭遇して、
近くにいた私も気持ちよく過ごすことができました!

 

GW最終日、家族で外食をして会計時にステキなお客さまに出会いました。
夜のピークの時間帯でしょうか、店員さんが忙しそうにしていました。
会計をしようと思いレジに向かったのですが、レジには店員さんがいません。
私の前に男性のお客さまも待っていました。

 

しばらく待っていると、店員さんがレジまで走ってきました。
申し訳なさそうに「大変お待たせいたしました!」と言うと、
男性のお客さまは「僕は急いでいないので大丈夫ですよ、お店忙しそうですね」
と店員さんに声をかけていました。

 

男性のお客さまのひとことで、店員さんも笑顔になっていました。
お互いが気持ちよく対応している場面に遭遇して、
近くにいた私も気持ちよく過ごすことができました!
相手を思いやるひとことで場が和み、みんなが気持ちよく過ごせます。

 

接客業をしていると “接客力” を向上させよう、と言ったり聞いたりしますが、
お客さま側の “客力” の向上も必要になってくるかもしれませんね!

 

2020年のオリンピックには、たくさんの外国人観光客が日本を訪れます。
そこでお互いが気持ちよく快適に過ごすためにも、
まずは私たち日本人の意識を変えていけたらいいな、と思いました。

 

相手を思いやる言動で “客力” の向上を…♡
言葉や行動で示していきましょう。
まずは、自分にできる範囲でできることから…。

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~