お客様本位について考える

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

お客様本位という言葉を聞く機会があると思います。
今日はその言葉について少し考えてみました(^-^)

「お客様本位」
お店で行うこと、スタッフの対応など全てをお客様中心に据えて考え行うこと。お客様第一主義。

お客様第一主義の目的はお客様に期待以上の満足を提供することです。
そのためには、お客様の心に残る、普通を超えたサービスの提供が
必要になります。

お客様本位の対応例として・・・

・お店で行うことは全てお客様中心にする
 (お店の都合より、お客様の都合を優先する)

・お客様が何を求めているのかを常に考える
 (お客様の要望を把握する)

・お客様の要望にはできる限り応えるようにする

お客様の要望を把握するのは、お客様を観察することから始めます。
でも、じーっと眺めてはダメですよ!怪しい人だと思われます(笑)

 
 
お客様に興味を持って「なぜ?」と考えるようにしてみましょう。

「このお客様はなぜ入口でキョロキョロしているんだろう?」
もしかしたら、誰かと待ち合わせ?
もしかしたら、このお店を利用するのが初めて?

「このお客様はなぜ天井を眺めているんだろう?」
もしかしたら、暖房が効き過ぎで暑い?
もしかしたら、暖房が効いてない?寒い?

 
お客様に対して興味を持って「なぜ?」を意識していると
「あ!これかな?」と、意見要望を察することができるようになります。

意見要望を察することができれば、
こちらから的確にお声がけすることができます。

 
 
では、お客様の立場に立って考えてみましょう。
こちらが声をかけなくてもスタッフさんが察してくれて
声をかけてくれたら、どう思いますか・・・?

嬉しくないですか? ちょっとハッピーな気持ちになりませんか?

 
 ぜひ、お客様の意見要望を察して、行動にうつして
お客様の心に残るサービスを提供してくださいね。
スタッフの方が、お客さまを気遣って声をかけるって・・・
それだけで、期待以上のサービスを提供していることですよ♬
 
 
 静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~