手話のこと①

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

手話の教科書、ひっぱり出してきました!
手話を習い始めたのは今から7~8年前かな…。
当時私はファストフード店で働いていて、耳の不自由なお客さまの応対を
したのがきっかけで手話を習い始めました。
今でも挨拶や簡単な会話はできますが、もうね…
習ったことの7割くらい忘れちゃったと思います(*´Д`)
コーヒーを飲みながら復習、いや…学び直しをしました(笑)

先日、東京オリンピックの都市ボランティアのオリエンテーションに
参加をして “自分の引き出しを増やしておこう” と思ったこと。

 

先日、現場接客指導のお仕事の際、耳の不自由なお客さまの応対をして
“手話を覚えていたらこんな会話ができたのになー” と思ったこと。

 

こんな出来事があったので、教科書をひっぱりだしてきました♬
みなさん、手話って聞くと「難しい」とか心理的なハードルが
上がっちゃいますよね。

 

耳の不自由なお客さまの対応が不安・難しかった。
という経験をしたことのあるかたにむけて今度は、
実はこんなことで耳の不自由なかたとコミュニケーションが
とれるんだよ、難しく考えなくていいんだよ、ってことを書こうと思います。

 

習った手話を7割忘れている私でも余裕で大丈夫(笑)

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~