***和み接客***

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

【和む】とは・・・
気持ちが穏やかになること。くつろいだ気分になること。なごやかになること。(引用元:『チャレジ小学国語辞典第五版』)

 

「和む」状態になったとき、人は心を開いてくれます。
心を開いて接することで、【お客様とお店】の関係より深く、
【人と人】の関係になることができます。

 

マニュアル通りではなく、あえてちょっと崩した接客方法
その人らしさが引き立つ魅せる接客で、
店側と客側を超えた、人と人とのつながりが生まれます。
それが「和み接客」です。

 

「和み接客」によって、お客様は自然にお店のファンになり、
お店がみんなの心のよりどころとして集う場所になります。

お店にとっても、客離れを防ぎリピーターを確保することが売上アップに、
また、スタッフ個々のスキルアップは人員不足の解消にもつながります。

「和み接客」とは、お客さまも、接客者自身も、お店も、
「みんながハッピーになる接客術」なんです。

 

マニュアル通りの接客用語を使うのではなく、あえてちょっと崩す。
例えば『+ひとこと』でお客さまにお声がけしてみてはいかがですか?

 

「いらっしゃいませ」+「こんにちは♬」
「いらっしゃいませ」+「寒い中ご来店ありがとうござます♬」
「いらっしゃいませ」+「今日も寒いですね~♬」
「いらっしゃいませ」+「今日もいつもの〇〇ですか~♬??」

 

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~