手話を習って③~これなぁに?~

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

初めて手話を使って接客をしたら、少し自信がついたようで、
耳の不自由な常連のお客さまに、こちらから手話で「挨拶→会話」が
できるようになりました。・・・初対面のお客さまに手話を使うのは毎回ドキドキです( *´艸`)

 

そして、分からない手話があると
【これ(今の)+手話+なに?】
と、聞いたりするようになり、気づいたら先生と生徒のような関係でした。
お客さまと手話で会話をしつつ、手話を教えてもらうのが日課に・・・!
お客さまの来店する曜日が決まっていたので、毎回その日が楽しみで、

「これ、新発売!おいしいよ!」
「鞄のキーホルダーかわいいね!」
「今日も寒いね!」

なんて、ちょっとした会話を楽しみながら手話を学んでいました。
・・・あの時は本当にありがとう~!今も元気にしてるかなぁ~(^-^)?

そしてお客さまのおかげで、S1サーバーグランプリ東海地区大会の
スピーチでは手話を使ってスピーチをすることができました。

接客をする側、される側という関係ではなく、
手話を通じて、人と人との関係が築けました。
本当にありがたかったな~と思います。

最近では手話を使う機会がほとんど無いので、どんどん忘れてしまい、
「あれ?なんだっけ?」と思うこと・・・多々あります(笑)
また、勉強しなおそうかな~!?と計画中です。

 

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~