【和み接客】そこから見えたもの

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

 

昨日の続きです♬
【和み接客】について考えていたとき、
お客さまの欲しいものって人によって違うよね!?
ということも感じました。

 

お昼休みに急いで買いに来たであろうサラリーマンのお客さまって、
きっと早く買い物をしたいよね?
じゃ、表情はいつもの笑顔かつ、レジ操作、金銭授受をスピーディー&スマートに対応するといいんじゃないかな!?

 

100円玉を握りしめて1人で買い物に来た小学生(低学年)のお子さんって、
きっとこの買い物も大冒険だよね?ドキドキしてるかな?
じゃ、「1人でお買い物?えらいね!」とお父さんお母さんになったつもりで
ひとこと声をかけてみたら喜んでくれるかな!?

 

カウンターで注文の仕方に苦戦する年配のお客さまって、
きっと不安だよね?周りに気を使って焦っちゃうよね?
じゃ、ゆっくり丁寧に注文の仕方を教えてあげて安心してもらうとか、
「ゆっくり選んでくれて大丈夫ですよ~」と声をかけてあげようかな!?

 

お客さまの欲しいもの(接客)って皆違うよね~!
その人の欲しいものを瞬時に判断して提供することが必要だよね~!

 

和み接客について考えたら、こんなことを感じました。
みなさんのお客さまは・・・どうでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~