スマートに気持ちが伝わる手書き文字

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

“なごみ” と書いてある便箋を見つけて、迷わず購入しました♬
しかも音符柄…音楽の都、浜松らしいですね。

 

※浜松市は、ヤマハ、カワイ、ローランドといった世界に名立たる
楽器メーカーが立地しているため、昭和56年から “音楽のまち” づくりに
取組んできたそうです。
私のうまれた年だ!勝手に親近感がわいています(≧▽≦)

 

…って、脱線しました(笑)

 

最近では、ビジネスでもプライベートでも基本メールで済ませます。
デジタル時代だからこそ、手書きの文字の価値や存在感は
高まっているように感じるんですよね。

 

メールと比べて手書きの手紙は、
届くまでの時間も文字を書く手間もかかります。
しかし、それだけに相手に好印象を与え、気持ちを伝えることができます。

 

少し真面目なことをかきましたが、
私は単純に、お手紙を書くのも、もらうのも好きなんですよね♡
ということで、お礼状だけでなく、ご提案書などに手書きのお手紙を添えて
時間があれば手書き文字をひたすら書いています。

 

ネットで検索をすると時候の挨拶など、手紙の書き方が出てきます。
お世話になったあの人へ、ネットで調べて(笑)手書きで
お礼状などを書いてみるのはいかがですか!?
メールやラインよりも、スマートに気持ちが伝わりますよ。

 

さぁて、なごみ音符便箋をはじめに使う相手は誰だろう…!?
こんなことを考えるだけでもちょっぴり楽しいです♬

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~