電話対応時に意識したい3つのこと

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

ここ最近、営業や勧誘の電話がかかってきます…。
言葉のキャッチボールができ“なんだか感じがいいな”と思う電話対応や
相手側が一方的に喋っていて“感じ悪っ!!!”と思う電話対応、様々です。
電話対応は、仕事柄どうしても気になってしまうんですよね~(笑)

 

そこで、感じがいいなと思ったかたの電話対応を共有しますね!
よく考えるとこれって当然のことなんですが(しかも簡単!)、
できていないかたも大勢いるんですよ…。
これを機会に、たった3つのこと、ご自身で振り返ってみてくださいね。

 

①会話のペースを相手に合わせる
相手が急いでいるときは、声の調子で分かりますよね。
その場合、手短に話したり、素早く対応したりと、臨機応変に振る舞います。

②相手の目的を理解する
「〇〇について聞きたい」「〇〇を伝えてほしい」など
相手の電話の目的をきちんと把握して、的を得た回答を心がけます。

③明るい声で話す
暗い声で出ると、相手に不快な思いをさせてしまいます。
声の第一印象も、会社のイメージに繋がりますので明るい声で話しをします。

 

だらしない姿勢や作業をしながらの対応はそのまま声に表れるのでNG!
相手の顔が見えない電話応対でこそ、姿勢を正し、笑顔を絶やさないで、
柔らかい表情を意識してくださいね!

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~