「言い方」ひとつで相手からもっと愛される

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

「すみません」を「ありがとうございます」に変える。
お仕事でもプライベートでも使えるこの言葉、とても便利です。

 

例えば、
エレベーターに乗ろうとしたら、中で「開く」ボタンを押して
待っていてくれるかたに「すみません」と言い会釈をする。

 

「お先にどうぞ」と順番を譲ってもらったときに
「すみません」と言い会釈をする。

 

スーパーのレジで会計後、店員さんがレジ籠を運んでくれたときに
「すみません」と言い会釈をする。

 

お仕事や依頼を引き受けてくれた相手に「すみませんでした」と
気持ちを伝える。

 

このような場面はありませんか?
「すみませんでした」という言葉を使うと、どうしても相手に
マイナスな印象を与えがちです。
「すみません」を「ありがとうございました」にかえて
相手に感謝の気持ちを伝えてみませんか?

 

感謝の気持ちを伝えたほうが、お互い気持ちよく接することができますよ!
相手の心をそっと開いて、自分の気持ちを伝えてくださいね。

 

今日、「ありがとう」を言って「ありがとう」が返ってくる
心あたたまる出来事があり、気持ちが良かったのでブログに記しました(^-^)

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~