相手に寄り添える人って愛されるよ

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

昨日のブログで「寄り添う」という言葉を使ったので、
今日は、寄り添うということについてブログを書こうと思います。

 

よく「お客さま目線にたって…」という言葉を聞きますが、
個人的には「お客さまに寄り添う…」という言葉が好きで、よく使います。

「お客さまの目線にたって」というと“(行動を)してあげた”というイメージが湧いてしまうのは私だけ?
言葉のイメージって人それぞれ違うと思いますが…(^-^)

 

お客さまに寄り添うというのは、お客さまに対して「想いを入れて応対する」「気持ちを込めて応対する」ということです。

 

新人さんでも、一生懸命に接客してくれると嬉しくなりますし、感動します。
挨拶ひとつとっても、気持ちがこもっているな~と感じたり、
金銭授受や商品受け渡しでは、丁寧に応対してくれたな~など感じたりします。

 

「ちゃんとこちら(お客さま)と向き合って相手をしてもらっている」
という感覚が得られるからでしょうね。

 

接客のテクニックではなく、その気持ちが嬉しいから安心できるし
信頼できます。そして “頑張ってね” って応援したくなっちゃいます!
みなさんもそんな経験ありませんか?

 

接客って「テクニック」より「相手を想うが気持ち」が大事。
想いって、ちゃんと相手に伝わります。
相手に寄り添える人って応援されるし、愛されますよ!

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~