赤ちゃん言葉で接客!?

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

私が接客をする際、たまに赤ちゃん言葉を使うことがあります。
お客さまとの会話で赤ちゃん言葉!?(゚Д゚;)ですよね(笑)

どんな時に使うかというと、例えば・・・
寝ている赤ちゃんを抱っこした、おばあちゃん、お母さんに対して、
「気持ちよさそうにねんねしていますね~」
という感じです。
もちろん、全員に言うわけではなく、
「気持ちよさそうに寝ていますね~」と声をかけることもあります。

なぜ、たまに赤ちゃん言葉を使って接客をするのかというと
お客さまとの距離がぐっと近くなるからです。

おばあちゃん、お母さんが、赤ちゃんに言っているであろう言葉
(「ねんね」)を使うと、私自身も笑顔だったり優しい気持ちになります。
そして、不思議とその気持ちがお客さまに伝わり笑顔が返ってきます。

この二つをどう使い分けているかというと・・・直感です(笑)
長い間接客のお仕事をしてきて身に着いたんでしょうか、
言葉にするのはムズカシイですね。

こんな感じで、マニュアル通りの接客用語ではなく
あえて崩した言い方、和み接客でお客さまと会話をしています。

赤ちゃん言葉を使うといいよ。
かしこまった接客はダメだよ。
という事ではなく!

こんな言葉を使って実際に現場で接客している人がいるんだよ。
もし、あなたの接客の引き出しが増えるようならマネしてね~!
という事です(^-^)
実は今日もそれで、お客さまと笑顔であったかい空気を共有しましたよ。

静岡県西部信用金庫さま、浜松市内企業さま、浜松市内福祉施設さま、
はままつ起業家カフェさま、湖西市治療院さま、浜松市内カフェさま
静岡県内の飲食店企業さまからお問い合わせをいただいております。
ありがとうござます。

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~