時給1000円時代のバイト

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

人手不足などを背景に、パート・アルバイトの時給が
全国平均で1,000円を超える時代となった。

 

という新聞の記事を読みました。(MY新聞記事ノートより)
そして売り手市場のアルバイトの労働市場では、給与やシフトなどの
条件面だけでなく、言語化しにくい職場の雰囲気も
厳しくみられるようになっている、とのこと。

 

某総合研究所の調査では約43%の応募者が事前に働きたいと考えている
お店やサービスを利用している(下見が行われている)という調査結果も
出ていました。

 

ということは…単に時給を上げればいい、ということではないんですね。
「ここで働いてみたいな!」「なんだか楽しそう!」と
採用ターゲット層に、感じてもらうお店作りが必要なんですね!

 

考えてみたら、私の場合もそうでした。
ロッテリアのときも!スターバックスのときも!
お店を訪れ、お店の雰囲気、スタッフの雰囲気をチェックをして、
(怖そうな人がいないか…とか笑)←ココ重要!
そこで最終的にGOサインを出しました(^-^)

 

みなさんのお店はどうですか!?
未来の仲間がチェックしに来ているかもしれませんね。
「働いてみたいな~」って思ってもらえるようなお店ですか?

 

 

“接客接遇”を通じて、あなたとその先のお客さまの心を繋ぐかけ橋となります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。  ~nagomi~