斬新だけど心地いい電話応対

こんにちは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

先日、ムスコの学校衣料品を買いに専門店へ行きました。
その店舗には在庫がないとのことで、取り寄せになりました。
数日後、電話がかかってきて

 

「大場さん、お待たせいたしました!
 〇〇中学の△△(商品名)、サイズは××でしたね~?
 ご都合のいい時にご来店くださいね~。
 お待ちしております~!」

 

と言ってくれました。
いっけん普通の電話対応のようですが、(文字にすると特にそう感じますね笑)
電話に出て第一声が名前で呼ばれてお待たせしました~って。
ちょっぴり斬新で、でも親近感のある和み接客だな~と思いました(^-^)
たいていは「大場様の携帯電話でしょうか?」って
相手を確認してから用件言うもんね。

 

対応してくれたのは、60代くらいの女性のかた。
話し方や声のトーンも明るくて、家族に話しているような「おかあさん接客」。
なんだか、安心する。ほっとする。こんな言葉がピッタリの対応でした。

 

お店の雰囲気とスタッフさんのキャラの調和がとれていてステキ。
これが “一流ホテル” の対応だったらモヤモヤしますけどね( *´艸`)笑。
調和って大事。

 

受け取りに行ったら、お母さんのような優しい笑顔で出迎えてくれました。
また、なにかあったらそこで買うよ~!ありがとう。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~