我が子から学んだ!接客をする際に心がけたこと

こんばんは。
和み接客でファンが自然に増える
『魅せる接客コンシェルジュ』 大場弘枝です。

 

私が接客をする際に心がけていたことは、専門用語を使わないことです。
なぜそうなったかというと、子供たちの「それ、なぁに?」
質問があったからです。

 

「今日食べたハンバーガーは、フワフワのバンズに
 二種類のチーズが入ったハンバーガーだよ。」

 

こんなことを言ったときだと思いますが、子供たちから
「バンズってなぁに?」という質問がありました。
こちらは当たり前に使っている言葉でも、
子供たちにしてみたら当たり前でない言葉だったんですね。
はっとしました。
これがお客さまだったらどうだろう!?と考えるようになり、

 

バンズ…パン
パティ…お肉
フレーバー…味

 

「バンズ」「パティ」「フレーバー」この3つは、
お子さま、同世代、年配のお客さま、どのお客さまにも使わなくなりました。
接客時間90秒と決まっていたので、専門用語を使わないのは、
結果的にお客さまとスムーズにコミュニケーションが取れるようになり、
ストレスなく買い物をしてもらうことができました。

 

なぜそう感じたかって、専門用語をつかった時にあった、
お客さまの一瞬の「ん?」という表情が、
専門用語を使わないと全く無くなったんです。

 

ということは、専門用語は使わず、誰でもわかる言葉を使ったほうが
いいということですよね。(接客時間が短い人はとくにね♬)

 

逆に自分がお客さまの立場で、スタッフさんに専門用語をバリバリ使われたら、
きっと頭の中は「???」でプチストレスを感じていると思います(笑)

 

子供たちの「それなぁに?」がヒントになり、専門用語は使わない、
あえてちょっと崩してみるスタイルになりました。

 

子供が理解できるような話し方(言葉)なら、たいていの人と
スムーズにコミュニケーションが取れるよね~!

 

こんなことを思って、いつもお仕事していました。
あぁ、懐かしい~(^-^)

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。  和~nagomi~